車の中でも熱中症に気をつけましょう。

明日は、2016年6月21日は夏至です。1年のうち、もっとも日が長くなる日です。

日射

 

これから、暑い時期が続きます。この時期にかけて、熱中症が増える時期でもあります。

熱中症というと、炎天下の中で、運動中に起きる印象がありますが、実は、車を運転している場合も発生します。

車内

 

熱中症とは

熱中症は、脱水によってひきおこされます。脱水とは、汗などで、体内から水分が蒸発することです。

熱中症は、脱水によって、体温が上昇し、めまい、失神、頭痛、吐き気、強い眠気、気分が悪くなるなどの症状がでます。

 

車の中の熱中症とは

車の中でエアコンをかけていると、気づかないうちに、脱水症状になる場合があります。

理由は、人間は、1日、何もしなくても、汗などで、約1リットルの体内の水分を蒸発します。

炎天下の中、窓ガラスからの日射によって体温は上昇し、さらに冷房で、空気が乾燥し、

知らず知らずのうちに、汗がすぐ蒸発します。

そうしているうちに、大量の水分が体内から蒸発してしまい、脱水症状になってしまうという訳です。

 

<参考URL:ドライバー必見車の中の熱中症とは?

 

 

車の中の熱中症対策としてこまめな水分補給

クリクラミオは、ご自宅に設置型のウォーターサーバーです。クリクラミオお水と箱(500×1000)

 

クリクラミオのミネラルウォーターを、水筒に入れて持ち歩くと、経済的です。

最近は、スポーツ清涼飲料水のパウダーも販売されていますので、より経済的に飲み物を楽しめます。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ